shutterstock_171079511

エンジニアの個性

研究開発用システムの設計・開発に対する要望は千差万別、
すべてがオーダーメイドというものがほとんどです。
様々な分野の様々な技術・ノウハウを融合し
お客様の要望に可能な限り対応します。
研究開発用システムの開発では、
エンジニアの創意工夫や心配りが必ず必要となり、
出来上がったシステムにはエンジニアの個性やセンスが表れます。

弊社のエンジニアは各々が自身の個性・スキルを見極め、
プロジェクトの中でも成長できるよう常に精進しています。

常に最新の技術にチャレンジ

研究・開発システムに特化した弊社の社員は、常に最先端の計測・制御技術を習得し、新しい手法にチャレンジしています。
新しい開発環境の習得、計測機器の活用方法、システム統合のための新しい知識など、常に最先端の計測制御システム開発にかかわっているからこそ、興味・知識欲が刺激され新しい技術を習得できます。
また自動車・宇宙航空・医療機器・環境防災分野など多岐分野にわたる計測制御システムの開発経験を活かして、お客様のニッチなニーズを素早く読み取り、要望・要件を整理しながら、お客様と共同で最適なシステムを開発します。

LabVIEWシステム開発ソフトウェア

研究者・エンジニアの皆様の幅広いニーズに迅速にお応えするため、National Instruments社のLabVIEWを主な開発環境として採用しています。
弊社の技術者は全員がLabVIEW認定試験の有資格者であり、基礎研究・先端計測・機器開発システム開発の豊富な経験を積んだ、研究開発システム専門のエキスパートです。
FPGA技術を利用したプロトタイプの作成や分析計測システム・解析ルーチンの自動化など、研究開発用システムの開発時間とコストが大幅に削減可能です。

05218_LV2011